知ると得する💕とってもお得な中古iPhoneの秘密㊙️au・SoftBank Certified(認定中古品)について

1_internet

<この記事について>

iPhoneを安く買う方法無いかなぁ~と思って探している皆さま!

iPhoneを安く買う方法のひとつに中古という選択肢があるのはご存知だと思います。

でも「リンゴ🍏様」は中古でも意外と高い💦

そんな皆様に安いのに高品質・安全安心で購入できる中古iPhoneの情報をご紹介します💛

この記事は、特に注釈がない限り、2022年2月13日時点の情報です。

スポンサーリンク

au・SoftBank Certified(認定中古品)とは?

子どもの初スマホはAndroidの安いやつで済ませようと思っていました。

ところが、子どもがiPhoneじゃないと嫌だ!、iPhoneじゃないと仲間外れになる!とか、言われると何とかしてあげたいと思ってしまうのが親心。

個人的にも、プライベートと分けてビジネス用の2台目契約しようかな~とか考えたりしていると、端末は安いのでよいかなぁと思っちゃいます。

でも、やっぱりiPhone🍏は高いので子供には贅沢っちゃ贅沢!過保護はいかん!

という事で、子どもにAndroidなら新品、iPhoneなら中古、どちらがいいか聞いたら中古でもiPhoneが良い❗との事。

という事で、同じ境遇の方がいるならば、少しでも支出を抑えて、お安く購入できる中古も選択肢にいれるご提案です(^_-)-☆

中古を買った事がない方は、中古は「ボロい」「傷だらけ」のイメージがあるかもしれませんが、良品は新品と変わらないような綺麗な製品もあるので一見の価値があります。

ところが、
iPhoneは中古でも意外と高くてビックリΣ(゚Д゚)という声をよく聞きます。
人気があるので、中古市場でもあまり値を落とさずに売れる事が理由です。

恐るべし「りんご🍎様」💦

でも、色々見比べてみると分かるのですが、この記事でご紹介するiPhoneは中古相場の中でもかなり安いです(^^♪

ホントかな~という方に、是非一度ご覧頂きたいのは、UQmobileが取り扱っている「au Certified」と呼ばれる「リユーススマホ」です。

SoftBankも同様の中古端末を取り扱っています!残念ながらドコモだけはありません。

「リユーススマホ」と書くと急にカッコよくなりますが、単なる中古です(笑)

次項でもう少し詳しくご説明します☺

「au・SoftBank Certified」物は良いのに知られていない😖💦

もともとスマホの中古市場は、一般の販売店(メジャーな所ではパソコン販売系のソフマップとかゲームソフトやDVDを扱っているゲオとか、中古スマホ専門フリマのムスビーとか)が取り扱っていました。

大手通信キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)は、長らく新品スマホだけを売っていましたが、数年前から、下取りや機種変更の買い替えプログラムで回収したスマホの中古販売を始めています。

残念なのは、この大手通信キャリアが安全安心の中古を販売している事自体、あまり宣伝されていないので、その存在を知らない方が多いという事です( ;∀;)

また、一般の販売店で売られている中古スマホに関しては、ネットワーク制限がかかって使えなくなる可能性があったり、端末の状態がよく分からないので、ためらってしまう方も多いのではないでしょうか?

という事で、この記事でご紹介するのは、大手通信キャリアが取り扱う、安全安心で尚且つお安い「リユースiPhone」です!

本当に安くて、安心して使えるのでしょうか?

次項で比較していきたいと思います🎵

端末価格の比較

本当に安いのか一般の販売店と端末価格の比較をします。

「iPhone XR」と「iPhone 11」の2機種を例に見てみましょう🎵

<iPhone XR(64GB)の場合>

下表で見て頂きたいのは、色をつけた大手通信キャリアの「UQ(au)」と「SoftBank」の「価格」が、明らかに安いという点です。

販売店名端末状態価格(税込)備考
UQオンラインストア新品対象機種なし 
UQオンラインストアau Certified16,500※新規
UQオンラインストアau Certified11,000※他社乗換え
SoftBankオンランショップSoftBank Certified31,200※新規(128GB)
SoftBankオンランショップSoftBank Certified9,600※他社のりかえ(128GB)
ワイモバイルOUTLET対象機種なし 
ドコモ中古取り扱いは確認できない
ソフマップ中古ランクC30,380端末購入のみ 
ゲオ中古ランクB28,649端末購入のみ
ムスビー中古ランクC20,850端末購入のみ

一般の販売店が「2万円~3万円前後」に対し、UQ・SoftBankは「1万円~1.6万円前後」です。

なぜ、こんなに安いのでしょう?もしかして端末がボロいのでは?

いえいえ違います😃

理由は、次の比較表のあとに書いてますので、先に「iPhone11」の価格も見て下さいませ!

<iPhone 11(64GB)の場合>

販売店名端末状態価格(税込)備考
UQオンラインストア新品44,235※新規・他社乗換え
UQオンラインストアau Certified34,800※新規
UQオンラインストアau Certified23,800※他社乗換え
SoftBankオンランショップSoftBank Certified対象機種なし 
SoftBankオンランショップSoftBank Certified対象機種なし 
ワイモバイルOUTLET対象機種なし 
ドコモ中古取り扱いは確認できない
ソフマップ中古ランクB46,480端末購入のみ 
ゲオ中古ランクB45,954端末購入のみ 
ムスビー中古ランクC39,047端末購入のみ 

上表でビックリなのは、「UQの新品」と「一般販売店の中古」の価格が逆転しています。

なんで?なんで新品の方が安いの?

これは前述の、「一般販売店の中古より、大手通信キャリアの中古の方がなぜ安いのか?」と共通する理由があります。

この答えは簡単明白です😃

大手通信キャリアの端末の方が安い理由は、

端末販売と回線契約がセットになっているからです。

端末の一時的な売り上げだけでなく、通信料金が毎月発生するので、端末を安く販売しても採算がとれます🎵

これが、大手通信キャリアの端末の安さの秘密㊙️です。

購入する側にしても、子供が初めてスマホを持つ場合などは、端末だけ買ってもただの四角い物体です。

最終的には、どこかで回線契約は必要になるので、UQ・SoftBankのオンラインショップで中古を買うと回線契約も一緒にできて、一石二鳥です😃

混雑しているショップで待たされることもありません。

あれやこれや売り付けようとする煩わしい説明を聞く必要もありません。

既に一石四鳥くらいになってます👍️

ただし、一石四鳥ではありますが、UQかSoftBankとの契約で良いかどうかだけが問題です。

この点ついては、もう少し詳しく後述します。

端末価格の注意点

「回線契約」の注意点を書く前に、もう少し「端末購入」に関する注意点を書いておきます。

「UQ・SoftBank Certified」は、契約種別(まったくの新規契約なのか?それとも他社からの乗換えなのか?それとも機種変更なのか?)で端末価格が変わります。

それと料金プラン等の各種指定された条件の選択内容でも変化します。

iPhone XRの比較表では、Softbankの「9,600円」が最安値でした!

でも、これは契約種別が「他社からの乗換え」の場合です。まったくの「新規契約」の場合は「31,200円」と一般の販売店より高くなってます。

これは、Softbankが他社乗換えに力を入れていて意図的に安くしている為です。

他社乗換えの回線契約がとれると、他社は「▲1台」となり自社は「+1台」なのでシェア争いの観点からは、普通の新規「2台分」の価値があるからです。

でもこれは、Softbankに限ったことではありません。
UQも他社乗換えは「11,000円」ですが、普通の新規は「16,500円」と高くなります。

ただ、Softbankのように極端な差ではありませんので、ただの新規でも一般販売店よりおトクな価格になっています。

今回、ドコモの中古端末はありませんが、ドコモの新品販売でも同様の価格差は殆どの場合つけられています。

このように回線契約が絡む大手キャリアの端末は契約種別で価格が変わりますので、注意しましょう。

あと契約種別以外にも、月額料金プラン等の条件が指定されている事が多いです。
これもよく読んで、いくら端末が安くても用途にあわない料金プランが指定されている場合は、購入するメリットがあるか十分検討するようにしましょう。

最初の購入時だけ指定の条件通りに進めて、後からプランを変更しても良いなら、あまり悩む必要はないです。

最近は、スマホアプリから簡単にプラン変更できますので😃

大手キャリアで中古端末購入の際は、以下2点を注意しましょう。

【1】
自分の契約種別で端末価格を確認する。

【2】
月額料金プラン等の指定条件があって端末価格が変わるかどうかを確認する。

「au・Softbank Certified」は本当に安全・安心なのか?

契約種別によりますが、「au・Softbank Certified」の端末価格が一般の販売店よりおトクである事は判って頂けたかと思います。

次に 「au Certified」の安全・安心についてご説明します。

以下は、UQmobileの公式サイトで、「au Certified」を説明しているページです。

画像引用:UQ mobile オンラインショップ公式サイト https://shop.uqmobile.jp/shop/aucertified/


画像だと、ちょっと見にくいので、特徴を以下に記載します😃

「au Certified」 とは
(大手通信キャリアの)auが認定した、高品質なリユーススマホのことです。

※端末のラインナップはiPhoneだけでなく、androidもあります。

<安 全>:専門業者による検査と専用ソフトで完全初期化されている

<安心1>:不具合のある端末だった場合は、購入日より30日間は無償で交換可能

<安心2>:新品スマホと同様に「故障紛失サポート(★1)」に申込むことができる

<安心3>:バッテリー残量80%以上/基本機能、接続機能ともに検査済

<安心4>:ネットワーク利用制限がかかる事はない

★1故障紛失サポートについて

「au Certified」 の場合は、通常の新品端末とはサービス内容が微妙に違う点がありますので記載します。

「故障紛失サポート」はスマホやタブレットなどの故障、紛失、盗難など、トラブルの際にサポートが受けられる有料サービスのau・UQでの「サービス名称」です。

※このサービスは、au・UQ携帯電話の購入時しか申込めません。一旦辞めた場合は、次回のau・UQ携帯電話購入時まで再加入できません。

<月額料金>について

お申込み必要
スマートフォン(5G)726円(税込)
スマートフォン(4G LTE)693円(税込)
au Certified550円(税込)

<サービス内容>について

◆サービス1◆
「交換用携帯電話機お届けサービス」を使う事ができます。

利用中の携帯電話機が故障・破損・紛失などのトラブルに遭った場合、同一機種・同一色★2)の交換用携帯電話機(リフレッシュ品)を届けてもらえるサービスです。最短で当日中、原則お申し込み完了の翌日には届けてもらえます。

★2) 「au Certified」は同一ランクの機種となります。


「交換用携帯電話機お届けサービス」 を使う時に発生する費用があります。
「負担金」と呼ばれています。

<au Certifiedを利用時の負担金>

1回目2回目
負担金5,500円(税込)11,000円(税込)
交換用携帯電話機なし

 WEB割引適用後(★3)
4,400円(税込)9,900円(税込)

(★3)UQ mobileホームページでは、 交換用携帯電話機の貸し出しを行っていないので、WEB割引は使えません。電話連絡が必要となります。


◆サービス2◆
「データ復旧サポート」が使えます。

水濡れや破損などで壊れた端末から、画像や動画、電話帳のデータを取り出し、USBメモリで届けてくれます。

  • 対象機種ː2021年9月2日以降に発売されたスマートフォン(5G/4G LTE)及びau Certified 。
  • 利用料金:5,500円(税込)/回(成功時)、auスマートパスプレミアム加入の場合は無料。
  • 利用可能回数:1回/年


サービスその3◆
「お預かり修理サービス」使えません

「お預かり修理サービス」は 「au Certified」では使えませんのでご注意下さい

中古ゆえに「故障紛失サポート」で、微妙に使えないサービスもありますが、一般の販売店では使えない「故障紛失サポート」が使えるのは、いざという時に「安心なサービス」であり、大きな「メリット」です💙

大手通信ケータイ会社が取り扱う端末という事で、中古ではありますが、それだけ品質には拘っていると言えます。

Softbankの同等のサービスは「あんしん保証パック with AppleCare Services」というのですが、こちらは「Softbank Certified」の端末は残念ながら使えません。

UQの方が購入後のサポート内容が良いので、私的には「UQ」をおススメします。

UQ・SoftBankで回線契約するメリットはあるか?

さて、大手通信キャリアでの中古購入は、回線契約もセットになっていると前述しました。

端末が安くなるのは良いですが、月々の料金プランが高ければ、ランニングコストで損をしてしまいます💦

<月額料金プランで回線契約を決める時のポイント>

1.最近のスマホは家族でまとめた方が確実にお安くなります。現在家族で使われているスマホの会社にまとめた方がお得です!いわゆる「家族割」といわれる割引サービスです。

2.スマホだけでなく、固定のインターネットも同じ会社でまとめていると、「セット割」がきいて、更にお安くなります。

上記2点に拘らないのであれば、どこの会社で回線契約するのも、それは皆さんの自由です!

具体的にUQに関しては、料金プランは3つしかなく凄く分かりやすいです。

現在は「くりこしプラン+5G(プラスファイブジーと読みます)」の「S」か「M」か「L」しかありません。

+5Gは、5Gに対応している料金プランですが、5Gも4Gも料金は同じなので、気にせず加入して問題ありません。

端末が5G対応の場合は、5Gエリアでは5Gで通信できて、4Gエリアでは4Gでの通信になるという料金プランです。

家族がauをご利用で「auスマートバリュー」というに固定インターネットとスマホのセット割に加入済みであれば、UQでも合わせてセット割が受けられます。

UQのセット割は「自宅セット割」という名称ですが、auスマートバリューと一緒に割引してもらえます!

UQでiPhoneの中古をお安くする条件は、「くりこしプラン+5G」に現在実施中の「増量オプション」に申込みが必要です。

CMでやっている、12か月間無料で「ギガ」が増えるのでおトクしかありません。

唯一のデメリットは12か月後に「増量オプション」の解除を忘れると、月々「550円」かかるという点です。不要であれば、1年後忘れずに解除しましょう❤

注意点

あと書ききれなかった注意点を何点か記載します。

「au・Softbank Certified」は、中古品である事は間違いないので、細かな傷・薄いかすり傷があり、明らかな使用感がある状態の端末である事は認識しておいた方が良いです。
(液晶に薄い傷や、外装に微細な傷・汚れが等が多少見受けられる)

auとSoftbankという通信キャリアが認定している品質の高いiPhoneですが、Apple認定整備済製品ではありません。

沖縄セルラーご契約の方はau Certifiedの機種変更をご利用頂けません。

ひとまず、こんな所でしょうか(^^)/

まとめ

もし、端末を少しでも安くしたい場合で、中古のiPhoneでも良い場合は、「au・Softbank Certified」を検討の一つに加えてみてはいかがでしょうか?というご提案でした。

<この記事でご紹介した内容>

1.「au・Softbank Certified」は、安全・安心の中古端末(ネットワーク制限の心配もなし)

2.Softbankは「他社乗換え」の場合が、特に安いけど「普通の新規」は逆に高い💦

3.UQmobileは「他社乗換え」も「普通の新規」も一般の販売店より端末価格が安い

4.UQmobileは「端末故障サービス」に加入できるので購入後も安心して使う事ができる

5.端末は安いが、回線契約がセットになっているので、月額料金に注意!

今の主流はご家族が利用されているスマホの会社で、まとめて使った方が安くなるのが一般的です。

一時的な端末価格だけで決めるのではなく、月額料金プランも含めておトクなのか確認してから決めましょう❤

◆↓UQmobileオンラインショップの「au Certified」のページです。

au Certified|格安sim・格安スマホ UQ mobile オンラインショップ|【公式】UQモバイルオンラインショップ

◆↓Softbankオンラインストアの「Softbank Certified」のページです。

【オンライン限定】SoftBank Certified(認定中古品)認定整備済み iPhone | スマートフォン・携帯電話 | ソフトバンク

この記事は以上です。

<合わせて読みたい>

↓子どもにスマホを買うと、ネットが遅いと文句がでます💦そんな時は、国内屈指の速度を誇る「NURO光」を検討しましょう!月額ランニングコストも安いです💚

↓スマホ以外に、パソコンも中古が人気になってきています🎵

↓こちらは、学生がお得に買えるパソコンソフトのお話しです😃

コメント

タイトルとURLをコピーしました