デュアルSIM(eSIM活用法)

〉楽天モバイルを安全に試す!〈

一詳細はこちら一

【LINE引継ぎ方法/Android】QRコードでカンタン♥️図解入りの順番通りに進めるだけで貴方にもできる!

50_お役立ち情報
50_お役立ち情報
本サイトは、記事内にアフィリエイト広告などのプロモーションが含まれています。

公式サイトの「LINE ID(アカウント)引継ぎ」は、古い記載が混ざっていたり、リンクが多すぎて分かりにくいのが難点です。

そこで、この記事では順番通りに読み進めるだけで「事前準備」から「ID(アカウント)引継ぎ」「トーク履歴引継ぎ」まで一気通貫でできるように記載しています。

最近はキャリアショップで各種データの移し替えをすると料金がかかるようになりました(-_-;)

アプリの設定までお願いすると、すぐ5,000円くらいかかってしまいますので、LINEのID引継ぎを自分で簡単に出来るように、図解入りで注意点も含めてご説明します♥️

新旧スマホが手元にある場合で、電話番号の変更なし、AndroidからAndroidへのID引継ぎを説明しています。

iPhoneはコチラ  iPhone⇔Androidはコチラ

この記事は2023年1月16日に作成し更新して掲載している情報です。
金額表記は、特に注釈がない場合「税込」です。

<広告表記について>
「本ページは、アフィリエイトプログラムによる、広告バナー・宣伝・PRなどのプロモーションが含まれています」

ふう
ふう
格安SIMのお役立ち情報をお伝えする為に、常時複数の通信契約やスマホの購入費用・WEBサーバー費用などが発生します。
サイト運営に必要な費用を広告収入から得ていますので、役に立つ情報だった場合は、ぜひ本サイトから「格安SIMサービス」をお申込みくださいませ(`・ω・´)b

mineo(マイネオ)

LINE ID(アカウント)引継ぎの流れ

LINEのID引継ぎの注意点は、先に「元のスマホ」での「引継ぎ処理」が必要となる点です。

引継ぎの流れは以下のようになります。

QRコードで引継ぎを行う前の準備

Android OSとLINEのバージョン確認やLINEアカウントの登録情報確認などを行います。

新しいスマホに回線切り替え前

新しいスマホに回線を切り替える前に「元のスマホ」で「LINE ID」引継ぎ処理を行います。

「LINE ID」の引継ぎは36時間有効です。

新しいスマホに回線切り替え後

「新しいスマホ」にLINEアプリをダウンロードし、最初の立ち上げ時に「かんたん引継ぎQRコード」を選択して、引継ぎを行います。

「元のスマホ」のケータイ回線は使えない状態になっていますので、「元のスマホ」をWi-Fi等に接続しインターネットを使える状態にする必要があります。

「元のスマホ」にQRコードを表示させて「新しいスマホ」で読み取るとかんたんに引継ぎ出来ます。

Wi-Fiがない場合は、友人宅やフリーWi-Fiが使える場所に移動するか、家族のスマホにテザリングするという手もあります。

元のスマホがインターネットに接続できる環境(Wi-Fiなど)を準備しておきましょう!

元のスマホがない場合

元のスマホが壊れて使えない、紛失などで手元に「元のスマホ」がない状態の場合は、LINEのアカウント設定状態によって、出来る場合と出来ない場合があります。

これは、説明が長くなるので、別記事でご案内する予定です。

それでは、「元のスマホ」がある状態での「LINE ID」を引継ぐため準備作業に進みます。

Android OSのバージョン確認

最初にAndroid OSのバージョンを確認します。

QRコードでのカンタン引継ぎは、Android OSが、7以上である必要があります。できる限り最新バージョンを使う事をオススメします。

現在のバージョンの確認方法

[待ち受け画面]>[設定(歯車マーク)]>[端末情報]>[ソフトウェア情報]>[Android情報]

※Androidは、機種やOSのバージョンによって表示内容や項目名が異なります。「設定(歯車マーク)」を開いた後に該当の項目がない場合は、似ている項目名を開いてAndroidOSバージョンの記載を探して下さい。

見つからない時は、Googleアシスタントを起動して、「Androidバージョンを教えて?」とスマホに話しかけるのが最もカンタンな解決方法です。Googleアシスタントは、通常は待ち受け画面にある「Google検索窓」の「マイクのマーク」を押すと起動出来ます。Googleアシスタントは、質問の答えをスマホの画面に表示してくれます。

Android OSのバージョンが、7未満の場合、「ソフトウェアの更新」通知がある場合は更新を行います。OSのバージョンアップは、時間がかかりますので時間の余裕がある時に行いましょう。

古いスマホの場合、Android OS バージョン 7に対応していない(バージョンアップ出来ない)場合があります。

この場合は、「かんたん引継ぎQRコード」は使えませんので、従来の「電話番号」などを使った引継ぎ処理になります。

この記事は、「QRコードでの引継ぎ」に特化していますので、「電話番号」などでの引継ぎ方法は別記事でご案内する予定です。

LINEのバージョン確認

Android OSが、7以上の場合は、LINEのバージョンを確認します。これは、「かんたん引継ぎQRコード」が使えるバージョンかを確認する為です。

現在のバージョンの確認方法

アクセス方法 [ホームタブ]>[設定(歯車マーク)]>
[LINEについて(通常一番下にあります)]を開くと「現在のバージョン」を確認出来ます。

  • 画像内のバージョンは掲載時点での最新バージョンです

QRコードでのカンタン引継ぎは、LINEバージョン12.10.0以上である必要があります。

12.10.0以上の場合は、次項の「LINEアカウント(登録情報)確認」に進んで下さい。

12.10.0未満の場合は、最新のバージョンにアップデートします。

アップデートは、「Playストア」から行います。

「Playストア」アプリを開いて「LINEアプリ」を表示すると「アップデート」のボタンが出ますので、タップしてアップデートを行います。

アップデートが終わるとボタンが、「アップデート」から「開く」に変わりますので、タップすると最新バージョンになったLINEが立ち上がります。

LINEアカウント(登録情報)確認

「元のスマホ」で「LINEアカウント」の情報が正しく登録されているか確認する作業です。

これは、「LINE ID引継ぎ」の大事なポイントなので、必ず確認しましょう。

「LINEアカウント」とは具体的には、「メールアドレス」「パスワード」「電話番号」の3つの情報になります。

上記3つの「アカウント情報」の設定をしておくと、仮にスマホを紛失してしまった時やかんたんQRコード引継ぎが出来ない時などでも、新しいスマホに「LINE ID」を引き継ぐことができるケースが増えますので、万一の時にとても助かります。

(注)上記のアカウント設定を正しく設定しても、元のスマホが手元にない時は、トーク履歴や写真・動画はバックアップをとっていなければ、復元できません。
トーク履歴は、スマホ本体に保存されている為です。

後述しますが、バックアップはAndroidの場合、「Googleドライブ」でカンタンに出来ます。

「Googleドライブ」は、Gmailを持っている方は、誰でも無料で使えるようになっているインターネット上のストレージサービスです。

LINEの引継ぎ画面通りに進めれば、使えます。

LINEアカウント確認方法

「元のスマホ」でLINEを立ち上げます。

【アカウントが確認できる場所】 [ホーム]タブ > 歯車マーク[設定] > [アカウント]

(注)歯車マークは、右上の場合もあります。

画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

もし、3つの「アカウント情報」で、設定していない項目があったら全部設定しましょう!

変更も可能です。新しい情報にしたい場合は、上書きしましょう!

LINE トーク履歴のバックアップ

アカウントの確認ができたら「トーク履歴のバックアップ」をします。

(注)トーク内の画像やスタンプはバックアップや復元ができません。必要な画像はアルバムやKeepへの保存が必要となりますので、ご注意下さい。

トーク履歴の引継ぎが必要ない場合は、読み飛ばしてもらって大丈夫です!

次項の「元のスマホで行うLINE ID引継ぎ処理」まで進みましょう!

トーク履歴のバックアップの種類

Androidは、Googleドライブを使ってトーク内容のバックアップができます。

バックアップの設定には、自分でバックアップを行う「手動設定」と、設定した頻度で自動的にバックアップを行う「自動設定」の2つの方法があります。

万一のスマホの故障・紛失に備える場合は「自動バックアップ」がおすすめです。

LINEトーク履歴のバックアップ設定方法

① [ホーム]>[laicon__gear.png]>[トークのバックアップ]をタップします。

画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/   ※画像がiPhoneのものになっていますがAndroidとほぼ共通なので、気にせずご覧下さい!

② 初めてトークのバックアップを取る場合は、画面下の[今すぐバックアップ]をタップします。

画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

③ 「バックアップ用のPINコード」の設定

初めてバックアップする場合は、次の画面で「バックアップ用のPINコード」を設定する画面になりますので、「6桁の数字」を決めて入力します。

「バックアップ用のPINコード」は、トーク履歴を復元する時に使いますので、忘れないようにしましょう!

「PINコード」の入力が終わると、バックアップが行われます。

iOS_talk-backup_03.jpeg
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

※LINEバージョン12.13.0以上の場合、スマホが故障・紛失してしまった場合でも、スムーズにトーク履歴が復元できる「バックアップ用のPINコード」が登録できるようになっています。

バックアップが終わったら、完了です。

自動バックアップを行う場合は、以下に進みます。

自動バックアップの設定をしない場合は、次項の「元のスマホで行うLINE ID引継ぎ処理」まで進みましょう!

④ 自動バックアップの設定

自動バックアップを設定するには、[laicon__gear.png]>[トーク履歴のバックアップ]内にある[バックアップ頻度]をタップして、自動でバックアップする頻度を選択すれば設定完了です。

iOS_talk-backup_04.png
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

↓お好みのバックアップ頻度を選択します。

iOS_talk-backup_05.png
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

これで、「トーク履歴のバックアップ」は完了です。

元のスマホで行うLINE ID引継ぎ処理

「アカウント情報確認」と「トーク履歴のバックアップ」が終わったので、事前準備は完了です。

この項目では「元のスマホ」で「LINE IDの引継ぎ処理」を行います。

「元のスマホ」で、LINEを立ち上げ「ホーム」→「設定(歯車マーク)」→「アカウント引継ぎ」の順に開きます。

開いた画面で「アカウントを引き継ぐ」を「ON」にします。

画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

この設定を行ってから、36時間以内に新しいスマホでの引継ぎ設定をする必要があります。
もし36時間を超えてしまったら、もう一度「元のスマホ」で設定をONにすれば、問題ありません。

新しいスマホでのLINE ID設定

機種変更の場合は、「元のスマホ」から「新しいスマホ」にSIMを入れ替えて「新しいスマホ」を立ち上げると各種初期設定が始まりますので、端末の画面の指示に従って初期設定を完了させましょう。

初期設定が終わり、「新しいスマホ」が使える状態になったら、「LINEアプリ」を「PLAYストア」からダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了したら「LINE ID」の引継ぎを行います。

「LINE ID」の引継ぎは、QRコードを利用して行うのが、最も簡単です。

QRコードの場合は、前述のバックアップ用「PINコード」を設定していれば、異なるOS間でも、トーク履歴をバックアップしていなくても、直近14日間のトーク履歴を復元できます。

直近14日間以上のトーク履歴も必要な場合は、同じOS間であれば、「トーク履歴のバックアップ」をすれば、全てのトーク履歴を復元する事ができます。

QRコードを使ったLINE ID引継ぎ

1.新しい端末でLINEを起動し、[ログイン]をタップ

how_to_migration_01.png
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

2.[QRコードでログイン]を選択します。

how_to_migration_02.png
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

[画面下のQRコードをスキャン]をタップします。

画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

3.「元のスマホ」でQRコードを表示
元のスマホでLINEを起動し、[ホーム]>[設定(歯車アイコン)]>[かんたん引き継ぎQRコード]を選択します。

how_to_migration_04.png
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/   ※画像がiPhoneのものになっていますが、Androidもほぼ同じなので、気にせずご覧下さい!

QRコードを表示します。

画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

※この時点でトーク履歴のバックアップを行っていない場合で、直近14日間以上のトーク履歴を引き継ぐ時は、ここで必ずバックアップを行ってください。

バックアップをせずに、次に進むと直近14日間以上のトーク履歴は引き継ぐ事ができなくなります。

4.「新しいスマホ」でQRコードをスキャンする
利用していた端末で表示させた「かんたん引き継ぎQRコード」を新しい端末でスキャンします。

how_to_migration_06.png
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

5.「元のスマホ」で本人認証を行う
QRコードをスキャンしたあと、利用していた端末では「新しい端末でこのQRコードをスキャンしましたか?」と表示されるので、[次へ]をタップしてください。

how_to_migration_07.png
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

次の画面で、元のスマホのロックを解除することで、所有者であることが確認され引継ぎができます。

how_to_migration_08.png
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

LINE「トーク履歴」の復元

「新しいスマホ」に戻り、「トーク履歴の復元」を行います。

トーク履歴の復元_02.png
画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

異なるOS間(iPhoneからAndroid、AndroidからiPhoneなど)の引き継ぎの場合と、直近14日間以上のトーク履歴が必要ない場合は、[スキップ]をタップすると、直近14日間のトーク履歴が復元されます。

画像引用:LINE公式ブログ https://official-blog-ja.line.me/

これで、「LINE ID」「トーク履歴」の引継ぎは完了です。
お疲れ様でした!

「かんたん引き継ぎQRコード」でのアカウント引き継ぎができない方は、従来の電話番号、Apple ID、Facebook IDによる認証を行い、引き継ぎをしてください。 

<参考>引継ぎできないもの

同じOS間でも引継ぎできないもの

・通知音の設定
・トークルームごとの通知設定(通知ON・OFF)

異なるOS間で引き継げないもの

・通知音の設定
・購入済みのLINEコイン残高
・LINE Outのチャージ済みコールクレジット
・トークルームごとの通知設定(通知ON/OFF)
・15日以上前のトーク履歴

LINE ID(アカウント)引継ぎのまとめ

iPhoneからiPhoneへの「LINE ID(アカウント)」引継ぎの手順を一気通貫で、ご説明しました。

このページの順番通りに手続きすれば、引継ぎが簡単に終わるようなページ構成にしました。

iPhoneも多少画面構成は違うものの、「Googleドライブ」のところが「iCloud」に変わるだけなので、参考にしていただけます。

いずれにしても、キャリアショップでのデータやアプリの移し替えが有料サービスになってしまい、1,000円~5,000円程度の料金がかかります。

移し替えをお願いする内容によって料金が変わります。
移し替えをするデータやアプリの数が多いと料金は上がっていきます。

自分で設定すれば無料で手続きできますので、是非チャレンジしてみてください。

給料はあがらず物価だけは上がるという状況ですので、「経費削減の一助」になると嬉しいです。

【おまけ】通信コスト削減のススメ

前述のとおり、インフレだけ進んで給料は上がらない状態が続くのであれば、支出を減らさないと赤字家計になってしまいます。

ひところよりは下がったと言われる通信費ですが、まだまだ家計の中では大きなウェイトを占めているご家庭が多いのも事実です。

大手キャリアで毎月5,000円~7,000円支払っているのであれば、格安SIM(スマホ)に乗り換える事で2,000円~3,000円は安くする事ができます。

家族4人なら8,000円~12,000円/月の通信コスト削減が可能です。

おススメの格安SIM(スマホ)サービスBest3をご紹介しますので、気になるサービスがあったらチェックしてみてくださいネ💛

おススメの格安SIMベスト1

【Best1】IIJmio(アイアイジェイミオ)

IIJmioを運営するIIJ(インターネットイニシアティブ)は、日本で初のインターネット接続事業者として創業し技術力に定評があります。

その技術力を背景に、格安SIMでも「eSIM」サービスを日本で初めて提供しました。

また、マルチキャリア回線から選べるので、スマホの対応している周波数に依存しないでサービスの選択の幅が広がります。

2022年お客様満足度No.1に選ばれている会社でイチオシです!

IIJmioの公式サイトは、以下のバナーからご覧頂けます。

IIJmio(みおふぉん)
↑IIJmioの公式サイトはコチラ↑

〈補足〉IIJmioは、LINEの年齢認証にも対応しています。格安SIMは対応していない会社が多いですが、大手キャリアと遜色ないサービス展開がされています。

おススメの格安SIMベスト2

【Best2】mineo(マイネオ)

mineoは関西電力グループのオプテージが運営する格安SIM(スマホ)です。

トリプルキャリア対応で、使っているスマホに対応したキャリア回線が選べるのが大きな特徴です。

また条件付きですが、データ無制限プランを提供するなど、格安SIMならではのユニークなサービスを提供しています。

mineoもIIJmioと同率1位で、2022年お客様満足度No.1に選ばれている会社なので、安心しておススメできます。

mineoの公式サイトは、↓以下↓のバナーからご覧いただけます。

mineo(マイネオ)

〈補足〉mineoも、LINEの年齢認証にも対応しています。格安SIMは対応していない会社が多いですが、mineoも大手キャリアと遜色ないサービス展開がされています。

おススメの格安SIMベスト3

【Best3】NUROモバイル(ニューロモバイル)

ニューロモバイルは、SONYグループのSONYネットワークコミュニケーションズが運営する格安SIM(スマホ)です。

NUROモバイルも、トリプルキャリア対応で、使っているスマホに対応したキャリア回線が選べるのが大きな特徴です。

また格安SIMには珍しい、「NEOプラン」という通信速度を全面に押し出したサービスを提供しています。

NUROモバイルの公式サイトは以下のバナーからご覧いただけます。

NURO Mobile

〈補足〉NUROモバイルは、LINEの年齢認証には対応していませんので、ご注意下さい。

年齢認証に対応していない場合、「ID検索」が出来ません。「ID検索」ができないと離れている人とのお友達登録が出来ません。ただし、QRコードを送ってもらう等で対処は可能です。

この記事は以上です。

<併せて読みたい>

↓機種変更する時のデータ移行リストです↓