デュアルSIM(eSIM活用法)

〉楽天モバイルを安全に試す!〈

一詳細はこちら一

【LINE 注意点】新規登録で前の人のアカウントや電話番号が残っていて「おかえりなさい 知らない人」が出てきた場合の対処法

50_お役立ち情報
50_お役立ち情報
本サイトは、記事内にアフィリエイト広告などのプロモーションが含まれています。

LINEを新規登録する時の最初の認証で、自分ではないアカウント(名前)が出てきたら焦りますよね?

このような場合は「どうすれば良いのか?」の対処法について解説します。

この記事は、私が実際にLINEアカウントの引継ぎ動作の検証をしている時に、知らない他人の名前が出てきて焦った体験を元に書いています。

でも、「選択肢」を間違えなければ、問題なく引継ぎできますので、落ち着いていきましょう!

ふうカフェでは元プロ(通信会社勤務)の筆者が、実体験を基に記事を作成しています。


お役に立つと嬉しいです(^_^)/

↑動作確認用のスマホが増えていくのが目下の悩み・・・

他人のアカウントが表示された貴方へ

今、この記事を読んでいる貴方は、「おかえりなさい、(知らない人の)名前!」が表示されて「なんじゃこりゃ!」と困惑している状態だと思います。

もしかして、LINEアカウントが乗っ取られている( ゚Д゚)

いえ、いえ、そんな事はありません

まずは、ひと安心して下さいね!

新しい電話番号でLINEの新規登録をすると、最初の認証の際に「自分ではないアカウント(名前)が表示される」事は、ちょくちょく起こります。

これは、以前その電話番号でLINEを使っていた人が、その電話番号を解約。
そのケータイ電話番号は、一定期間休ませてから別の契約者に割り当てられます。

皆さんにとっては、新しく割り当てられた電話番号ですが、LINEで旧利用者のアカウント情報が残っている場合は、その電話番号で過去にLINEを使っていた方のアカウント(名前)が表示されてしまう事があります。

この場合は、画面に表示されている「いいえ、違います」ボタンを押す事で正しいアカウントの引継ぎができますので、ご安心下さい。

それでは、次項で実際の画像を使って説明します。

書いてある通りに進めて一緒に設定完了させましょう!

別人の名前(おかえりなさい 知らない人)が出た場合の対処法

この後に出てくる画像は、私のスマホに実際に出た別人のアカウント(名前)のものです。

実際の流れに沿って、状況を再現しながら説明します!

状況は、LINEのアカウントとトーク履歴の引継ぎの動作検証をしている時でした。
実際に使っているLINEのトーク履歴が消えては困るので、サブで契約してた格安SIMで新規でLINEアカウントを作って試そうとしていた状態です。

Androidスマホだったので、最初にLINEアプリをPlayストアからインストール。

LINEを最初に立ち上げると、「この端末の電話番号を入力」と出ます。
格安SIMの電話番号を入力して「→」を押しました。(下図参照)

↓「上記の電話番号にSMSで認証番号を送ります。」と出ます。
「OKボタン」を押します。

SMSにきた認証番号を入力して、次の画面に切り替わった時です。

でた!出ました!

↓「おかえりなさい、(知らない人の)名前!」が出ましたΣ(・□・;)

私は、この別人のアカウント(名前)が表示されるケースがあるのは知っていましたが、別人の名前で「お帰りなさい!」と言われ(書かれ)るとギョットしました!

知らない名前がでると、あまり気持ちの良いものではありませんネ(+_+)

そして、「080xxxxxxxxが登録されたアカウントが見つかりました。
あなたのアカウントですか?」とも書かれています。

この時、画面下に選択肢が2つ用意されています。

「はい、私のアカウントです」
「いいえ、違います」

この時、必ず「いいえ違います」の方のボタンを押します。

↑「いいえ、違います」を選択しましょう!

「いいえ違います」を選べば、この記事の「自分ではないアカウント(名前)」が出た場合の対処法としては、完了です。

この記事で、お伝えしたい対処法は完了ですが、

この後は話の流れで、そのまま設定方法を説明しますね。

設定項目の説明や注意点についても記載していますので、流し読みでも役に立つと思います!

LINEのアカウントを引き継ぐ設定方法

「いいえ違います」の方のボタンを押すと、画面が変わり「すでにアカウントをお持ちですか?」の画面になります。

このケースは新規で電話番号をとった時に発生するので「アカウントを新規作成」を選ぶ事になります。

↑私はこの時、寝ぼけていて、引継ぎの検証をしている時だったので間違えて「アカウントを引き継ぐ」を選択してしまいました。

↓間違えましたが、引き継ぐアカウントがある筈もなく、「アカウントを新規登録」の画面になりましたので、結論は間違えても大丈夫という事になります(*’ω’*)

LINEに表示される「名前」を入力します。

もし、この電話番号を解約したら、いつか誰かにこの名前で「お帰りなさい、✕✕」と表示されるのかなぁと思いながら、「お風呂にする?ご飯にする?」という名前にしようか迷いました。

次の人が新規登録する時に「お帰りなさい、お風呂にする?ご飯にする?」と表示されたら、ちょ~困惑するだろうなと、どうでも良い事を考えてしまいました。

↓続いて、パスワードの登録です。

最近は、セキュリティ強化の為にパスワードに使う文字の条件が厳しくなっています。3種類の文字で、条件を満たすパスワードを設定しましょう!

↓「友だち追加設定」は、アドレス帳とLINEが連携して自動で友だち追加したり、通知したりする機能です。

私の場合は、別人のアカウント(名前)がでましたので、知らない人のアドレス帳にこの電話番号があると、友だちに表示されるのは嫌なので、どちらもチェックを外して「→」を押しました。

ここは、ご自身の環境に合わせて選択して下さい。

↓年齢確認は後でも良いですが、LINEの「ID検索」など出来なくなりますので、最終的には、実施する事をオススメします。

↓「情報利用に関するお願い」は、2回表示されます。同意するか?しないか?は、これもご自身の判断で決めて構いません。

1回目は、個人情報の取得目的ではなく、サービスをより良くする為のビッグデータ的な使い方です。

2回目は、位置情報からの周辺情報の提供などがメインです。

必要なければ「同意しない」、便利になるなら協力したい場合は「同意する」を押します。

↓「同意する」あるいは「同意しない」ボタンを押すと、アカウントの設定が行われます。

↓「友だちを連絡先に追加」の画面になります。Googleアシスタントを使う場合は、「追加する」、使わない場合は「キャンセル」を押します。

↓「連絡先へのアクセスをLINEに許可しますか?」の画面になります。これも皆さんの判断にお任せしますが、どちらでも良い場合は「許可する」をオススメします。

↓これで、初期設定は完了です。

以下の画像になれば、LINEアカウントが使える状態です。お疲れ様でした!



まとめ

LINEアカウントの新規取得や引継ぎ時に、自分ではないアカウント(名前)が表示された場合の対処法について、実際の画像を使って説明しました。

新しい電話番号を取得した場合に起こるケースです。

「おかえりなさい、(知らない)名前!」が表示されても、「いいえ、違います」を選択すれば、アカウント設定を進めて行けます。

慌てずに進めていきましょう!

〈合わせて読みたい〉

↓LINEを2アカウント作る方法↓

↓カメラで写した写真の文字だけをテキストデータとしてスマホに取り込む方法です↓

↓LINEのトーク引継ぎレポートです!

↓デュアルSIMで障害対策↓

↓mineoなら990円/月(税込)「データ無制限」が使える!
ギガを気にするストレスから解放されよう!

↓デュアルSIMのサブ回線にmineoを使ってみたレポートです。

↓eSIM(デュアルSIM)が使えるスマホがわかります!

「電話」も「ネット」も無制限で使うなら、楽天モバイル最安!

↓在宅 副業ならFX💚実は私もこっそりやっている↓

【在宅 副業】個人が億の夢を見るならFX!何の取り柄もない、財力もない、人付き合い面倒、それならFX💙
もし億の収入があったなら・・・ 新車買いたい、家のローン返済したい、子どもの教育費を心配しなくてよい、海外旅行いきたい、おいしいもの食べたい、ランチが1,000円しても痛くもかゆくもない、会社の奴隷か...