デュアルSIM(eSIM活用法)

〉楽天モバイルを安全に試す!〈

一詳細はこちら一

日本通信SIMの評判「データ通信速度は遅い!」は本当か?実際に契約して確かめた実行速度をレポート!

90_その他
90_その他
本サイトは、記事内にアフィリエイト広告などのプロモーションが含まれています。

日本通信SIMを実際に契約して、実行速度を計測し、ahamoとauと比較したレポートです。

ネットの評判で、日本通信SIMは、データ通信が遅いという口コミをよくみかけます。

実際にはどうなのかを、平日・休日に分けて色々な時間帯・場所で計測しましたので、気になっている方は必見です。

この記事は、2022年7月11日時点の情報です。

結論:ざっくりahamoの4割程度

結論は、ざっくりいうとahamoの4割程度のデータ通信速度という結果になりました。

ネット記事でよく見る「遅くて使えない!」といった状態は、私の使う環境では起こりませんでした。

ですが、実際には場所や時間帯によって大きく変わるので、この後のレポートで気になる所をチェックしてみて下さい。

<平日>

朝の通勤時間帯

まず、最初に朝の通勤の時間帯からです。バスの中でも、電車の中でも皆さまスマホとにらめっこしています。通勤時間帯のスマホは必須アイテムです。

通勤時間帯に遅くて使えないと、いくら格安でもお金を払うのはもったいないです。

果たして日本通信SIMは、速いのか遅いのか?安くてもお金を払う価値があるのか?実測レポートで検証します。

■時間帯:朝7~8時前後、場所:都市部の駅周辺(利用者が多い)

通信サービス名 回線キャリア 5G/4G種別 データ通信速度
日本通信SIM ドコモ 4G 28Mbps
ahamo ドコモ 4G 117Mbps
au au 4G 37Mbps

ahamoがダントツで独り勝ちですが、夜の自宅では、auがダントツになります。

これは、エリア(場所)の電波状況による所が大きいです。基地局が計測している場所の比較的近くにあると想定されます。

肝心の日本通信SIMですが、28Mbpsと評判と違い実用的に問題ない速度が出ています。

実際に、YouTubeの動画を見ても普通に再生出来ました。

昼の時間帯

都市中心部のビジネス街・商業施設でのお昼の時間帯です。

ビジネス街のお昼のランチ時間帯は、サラリーマンを筆頭に人が集中しているので、通信回線が混雑しやすい状況になります。

■時間帯:12~13時前後、場所:都市中心部のビジネス街・商業施設(利用者が多い)

通信サービス名 回線キャリア 5G/4G種別 データ通信速度
日本通信SIM ドコモ 4G 17Mbps
ahamo ドコモ 5G 269Mbps
au au 4G 27Mbps

ランチタイムもahamoの独り勝ちになりました。

これは、朝の理由とは全く別物で、ahamoはSE3にいれているので、5G回線を使っているからです。

とはいえ、5Gのスピード恐るべしです!

4Gの日本通信SIMとauは、どちらも10Mbpsほど、速度が低下しています。

でも、まだ実用レベルで、YouTubeの動画再生も普通品質(360p)なら問題なく再生出来ました。

ここでも、ネットの口コミのような遅くて使えないという状態は起こりませんでした。

夕方の時間帯

■時間帯:18~19時前後、場所:都市中心部のビジネス街・駅周辺(利用者が多い)

通信サービス名 回線キャリア 5G/4G種別 データ通信速度
日本通信SIM ドコモ 4G 8.8Mbps
ahamo ドコモ 5G 231Mbps
au au 4G 19Mbps

夕方の帰宅ラッシュの時間帯です。昼のランチタイムよりも速度低下しています。

ahamoは、5Gを掴んでしまうので比較するのは、無意味でしょう。

同じ4Gのauと比較して、日本通信SIMは、約半分の速度が出ている点は評価できます。

でも、10Mbpsを下回るとYouTubeの動画(普通品質360p)でも、最初の読み込みに多少時間がかかります。

読み込んでしまえば、あとの再生は支障なく見る事が出来ました。たまに止まることもありえます。

この夕方の時間帯が1日の中で最も速度低下しました。若干もたつきましたが、全く使えないという状況にはなりませんでした。

価格相応といったところでしょうか。

夜の時間帯

■時間帯:21~22時前後、場所:自宅・都市郊外住宅街(人混みの集中がない状態)

通信サービス名 回線キャリア 5G/4G種別 データ通信速度
日本通信SIM ドコモ 4G 20Mbps
ahamo ドコモ 4G 22Mbps
au au 4G 190Mbps

自宅では、何回計測してもauがダントツ一番です。

最初の朝の通勤時間帯の所で書きましたが、エリア(電波の届き具合)の良し悪しが原因です。

自宅では、ドコモの基地局が私のいる部屋の方向にないようで、外に出るとかなり改善します。

でも、私の場合は、自宅ではWi-Fiを繋いで固定ネット経由でデータ通信を使うので、全く問題ありません。

それよりも、日本通信SIMとahamoが殆ど変わらない速度が出ている点が特筆に値します。

平日については、私が普段利用する場所での利用に支障はありませんでした。

皆さんが使う場所でも、全く同じに使えるかを保証するものではありませんので、この点は、ご留意下さい。

<休日>

前述しましたが、自宅ではWi-Fiに接続してスマホを使います。

また、人が多く集まる場所ではないので、自宅で時間帯を変えて計測してもあまり変化がみられません。

その為、商業施設に出かけて計測しましたので、参考になると嬉しいです。

朝の時間帯

■時間帯:7~8時前後、場所:自宅・都市郊外の住宅街

通信サービス名 回線キャリア 5G/4G種別 データ通信速度
日本通信SIM ドコモ 4G 13Mbps
ahamo ドコモ 4G 19Mbps
au au 4G 154Mbps

自宅は、明らかにドコモの電波の入りが悪いです。

それでも実行速度で、10Mbps超えてますので、問題ないレベルです。一昔前に高速インターネットと呼ばれていたADSL(光インターネットの1つ前のサービス)より速いです。

昼の時間帯

自宅にいても、レポートにならならないので、ショッピングモールに行って計測しました。

■時間帯:11~13時前後、場所:都市郊外の商業施設(利用者が多い)

通信サービス名 回線キャリア 5G/4G種別 データ通信速度
日本通信SIM ドコモ 4G 18Mbps
ahamo ドコモ 4G 24Mbps
au au 4G 54Mbps

お客さんは結構いましたが、自宅よりスピードが出ています。auもahamoも大手キャリア系の通信サービスですが、日本通信SIMだけ格安SIMです。

ahamoには負けますが、大差ないスピードが出ている点は評価できます。

午後の時間帯

■時間帯:14~15時前後、場所:都市郊外の商業施設(利用者が多い)

通信サービス名 回線キャリア 5G/4G種別 データ通信速度
日本通信SIM ドコモ 4G 15Mbps
ahamo ドコモ 4G 22Mbps
au au 4G 39Mbps

午後になって、お客さんが増えてきました。その影響と思われますが、3社とも速度が落ちました。

でも、商業施設は無料Wi-Fiが所々にあって、計測しようとしたら自動でWi-Fiを掴んでいました。その為か平日の駅や商業施設より速度が落ちませんでした。

夕方の時間帯

■時間帯:18~19時前後、場所:都市郊外の駅周辺(利用者が多い)

通信サービス名 回線キャリア 5G/4G種別 データ通信速度
日本通信SIM ドコモ 4G 9.7Mbps
ahamo ドコモ 4G 18Mbps
au au 4G 31Mbps

商業施設からの帰りの駅です。人が多いのと、無料Wi-Fiがないせいか、かなり速度が落ちました。

それでも、日本通信SIMでYouTubeの動画は再生できますし、支障はでませんでした。

夜の時間帯

■時間帯:21~22時前後、場所:自宅・都市郊外の住宅街

通信サービス名 回線キャリア 5G/4G種別 データ通信速度
日本通信SIM ドコモ 4G 21Mbps
ahamo ドコモ 4G 25Mbps
au au 4G 40Mbps

自宅に戻ってきた夜の時間帯です。相変わらずauの方が速いですが、日本通信SIMも20Mbps以上でており、データ通信は安定していました。

計測結果は、以上となります。

本記事のデータ通信速度は、以下の条件で計測しています。

  • 速度は、各3回づつ計測した平均値
  • 平日は数日に分けて計測しています。
  • 記載の速度は、ダウンロードのみ
  • 計測サイトは、Netflixのfast.com
  • 日本通信SIMの端末は、AQUOS sens3Basic
  • ahamoは、iPhone SE3
  • auは、Galaxy S10

まとめ

比較したのが、大手キャリアのauとahamoなので、比べるのは酷だったかもしれません。速度的には、全時間帯と場所で日本通信SIMは最下位でした。

でも、計測結果を総評すると、混雑していない時間帯は、極端に速度やレスポンスを追求しないのであれば、日本通信SIMは十分実用レベルです。

難を言うのであれば、人込みの多い場所と時間帯での利用で、若干、レスポンスが悪かったり動きがもたつくシーンはありました。

でも、ネットの口コミでよく見る遅くて使い物にならないという状態には、私が使う場所では起こりませんでした。

もう1点難を言えば、日本通信SIMは、5Gに現時点では対応していない事です。

計測結果をみて頂いた通り、5Gエリアでの速度差は、歴然です。
約20倍以上の速度差があります。

ただし、4Gの速度で問題ない方は、人混みの集中度合いや、エリア(電波の入り具合)にもよりますが、特別ハードな使い方でなければ、支障なく使えるレベルでした。

同じ時間帯・同じ場所でも人が多い少ないで、速度が出たり遅かったりします。

自分がよく使う場所で、慢性的に遅い場合は、エリア(電波の入り)が悪い可能性があります。

これは、改善するのは難しいので、気になる方は、月額290円/1GBで使える「シンプル290プラン」で試してみると良いでしょう。

もし、速度が遅くて、ストレスになるでしたら、別の格安SIMに乗り換えるしかありません。

ドコモの電波の入りが悪い訳ですから、乗り換えるのは、auかソフトバンクの回線を使っている格安SIMを選びましょう。

また、時間帯・場所に限らず全てにおいて遅い場合は、スマホの周波数が日本通信(ドコモ回線)の周波数に対応してない事なども考えられます。

これは、ドコモの周波数に対応したスマホを使う事で改善できます。

周波数の確認方法は、以下の記事で解説していますので気になる方は、ご一読下さい。

データ通信速度は、速いに越した事はないですが、比べればキリがありません。

比較した方が分かりやすいので、au・ahamoと比べましたが、最終的には、自分が使う上でストレスのない速度が出ていれば、他のサービスより遅くても問題はありません。

私の利用する場所では、日本通信SIMは利用に支障はなく、実用的なレベルでしたが、皆さんの利用する場所でも同じかを保障するものではありませんので、ご注意ください。

気になる方は、料金が一番安価な月額290円/1GBの「シンプル290プラン」で試してみる事をおススメします。

問題あれば乗り換え可能です。契約期間の縛りも契約解除料もMNP転出手数料もかかりません。

注意点としては、MNP予約番号は即時発行されず、申請から4日程度かかりますので月末に申請しても翌月に解約となり月額基本料金が翌月もかかります。

290円なので、気にするレベルではないかもしれませんが、念のためお伝えしておきます。

再度、実行速度のレポートを見なおしたい場合は、以下から移動できます。

  1. 結論:ざっくりahamoの4割程度
  2. <平日>
    1. 朝の通勤時間帯
    2. 昼の時間帯
    3. 夕方の時間帯
    4. 夜の時間帯
  3. <休日>
    1. 朝の時間帯
    2. 昼の時間帯
    3. 午後の時間帯
    4. 夕方の時間帯
    5. 夜の時間帯
  4. まとめ

この記事は以上です。