MCC、MNCとは?格安SIMのAPN設定で入力が必要になった時の対処法

B_格安SIM

格安SIMを使い始める際に必要となる「APN設定」で、「MCC」と「MNC」の入力が求められた場合に行う対処法をご案内している記事です。

私も実際に入力が必要になり、契約した事業者の設定ガイドを見ましたが、「MCC」も「MNC」についても何も書かれていない為、かなり焦りました。

そこで、同じような事象で困っている方の参考になればと思い、この記事を書いています。

「MCC」と「MNC」は数字3桁

◼️ドコモ回線の場合

MCC:440
MNC:10

◼️au回線の場合

MCC:440
MNC:51

◼️ソフトバンク回線の場合

MCC:440
MNC:20

「MCC」と「MNC」の実際の設定画面(SHARP AQUOSの例)

以下はドコモ回線の格安SIMで実際に設定しているスマホのAPN設定画面です。

SHARP AQUOS sence3 basicの画面になります。

格安SIMドコモ回線のAPN設定「MCC」と「MNC」

上記のように通信キャリア毎に決められたコード(数字3桁)を入力すると、「APN設定」が保存できるようになります。

「MCC」とは?

「MCC」はMobile Country Codeの頭文字を取ったもので、どこの国の携帯通信サービスであるかを表すコードです。

その為、ドコモもauもソフトバンクも日本なので、「MCC」は全部同じ数字3桁になっています。

「MNC」とは?

「MNC」は、Mobile Network Codeの頭文字で、通信事業者を表すコードになります。

その為、ドコモ、au、ソフトバンクで違うコードになっていますので、間違わないように設定しましょう。

まとめ「MCC」と「MNC」

「MCC」と「MNC」の入力が必要となった場合の3桁のコードについて説明しました。

この「MCC」と「MNC」は、基本的に自動で設定されている場合が殆んどなので、入力を求められない場合は、空欄のままで構いません。

その為、事業者の設定ガイドに記載されていない事が多いです。

格安SIM事業者の公式サイトでも、「MCC」と「MNC」の設定は探せば記載されていますが、FAQなどを検索しないと出てこないので、なかなか情報に行き着きません。

今回のように、入力を求められる場合は、入力しないと「APN設定」を保存する事ができないので、かなり焦ります。

正しいコード(数字3桁)を入力する事で、APN設定を完了させる事ができますし、データ通信(インターネット接続)もできるようになりますので、是非試してみて下さい。

この記事は、以上です。

〈合わせて読みたい〉

タイトルとURLをコピーしました